上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月がやってきました。
遅くなりましたがワンフェスお疲れ様です。
鋼人商会のキットを購入していただいた方々ありがとうございました。

さて反省会!
今回、まず第一の反省点として、
会場入りの時間を見誤っていたこと。
開会ギリギリまで展示の準備が終わらなくてめちゃくちゃあせってちょっと展示物のポーズもおかしかった。
展示の量とかも考えて時間を見ないといけないと思いました。

また卓の大きさも調べて組み立てた予定よりも奥行きが狭く、会場にて展示方法を変更せざるをえなくて、
実際見てもらいたかったやり方の50パーセントしか出せなかったと思います。

展示がうまくできていないと、いくら展示物しっかり作っていても、ただそれは無駄なものになってしまうので、この辺は今後よりしっかりとしていきたいと思います。

ワンダーショーケースというものがありますが、
WF終了後4日間いろいろ考えた結果、ひとつの自分の卓自体がある種のショーケースじゃね?という考えに至りました。
つまりは自分で作品をしっかりプレゼンして、来場者から信任投票をしてもらうと。それがしっかりできてないのが俺含め上に上がれないディーラーたち。

ただ塚尾のやっていることは、版権ものと違い、作品に認知度も何もないので、版権ディーラーよりも卓で見てもらうために何倍も何十倍もしっかりとした展示、モノを作りこまなけらばならない。

正直今回一人で製作する限界は感じた。
展示をしっかりしたいと思うけど、一人だと大きな風呂敷広げきれない。
シナリオライターとキャラデザと広報とシステムエンジニアとって感じで後4人くらい欲しい。
払えるお金ないけど。

とりあえず、次回に向けてはもう計画は動き出している!一人で!

後、ARカメラの技術を導入したい。絶対面白くなるから!
展示物にカメラ向けたら各種情報が出現とかすごく未来っぽくていいじゃん。

また設定次第では開場にカメラ向けると登録しているディーラーさんの卓の上にカメラ越しに看板がでてわかったりとかもう夢が広がりんぐ。いや、これまじで面白いことになると思うんですけど。
アプリ技術者さん、協力してワンフェスなどのイベントにデジタル革命を起こしてみませんか?とか言ってみたりする。
半年前に、やってみようとがんばったんだけど、初心者の俺には何がなんだかわかんなくて挫折したんだよ…

お金があれば色々できるんだけどなぁ。どっかからぽろっと一億くらい入ってこないかなぁ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kitkit92.blog95.fc2.com/tb.php/659-c461a6d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。